ANAマイルを大量に貯めて毎年ビジネスクラスでハワイに行く方法

年間30万以上のANAマイルの貯め方を公開しています!!

ANA特典航空券は東南アジアならマニラがお得!!

f:id:NVLOVESANA:20160627162123j:plain

マイルを貯める醍醐味は特典航空券を利用して旅行に行くことです。もともと飛行機は好きでしたが、マイルを貯めることに価値を見出してからはより一層空の旅が好きになりました。今年はどこに行こうかなと迷っていたのですが、いろいろタイミングが合ったのでマニラに決めました。

 

フィリピン・マニラ

私、東南アジアへは仕事でインドネシアとタイへ行ったことがありますが、プライベートではこのフィリピンが初めてです。

フィリピンといえば、アメリカの高校に留学してた時の仲良い友人がフィリピン人でした。フィリピンから国外へ留学できる人はごく一部のお金持ちか頭が良いかどちらかです。彼女は後者でした。国からの奨学金で留学費用全額を賄っていました。

私も含めですが、のらりくらり遊学やワーホリなどで来ている日本人とは勉強への気持ちが全く違います。実際、東南アジアから来ていた当時の友人らはイギリスやアメリカの一流大学へ進学した人が大半でした。そういった格差が激しい現状も見てこれたらなと思います。

今回のマニラ旅行では、現地在住の友達とマニラ大好きサウジアラビア人と現地で集合してワイワイ過ごす予定です。日程は1週間でマニラの中心部のマカティに滞在します。

マニラについていろいろ調べていたらどこのサイト、ブログでも必ず書いてあるのが治安の悪さです。私自身も一番気になっているところですが、どうやら東南アジアで一番治安が悪いようです。ローカルへのスリや犯罪も多いとのことで、現地在住の友達と行動していても安心はできなさそうです。

 

マニラへはANA特典航空券がお得

ご存知の通り、マイルで発券できる特典航空券はゾーンと呼ばれるエリアによって必要マイル数が異なります。こちらが各地域のゾーン振り分けです。ご覧の通り、マニラは近所の中国、香港、台湾に並んでゾーン3に属しています。

f:id:NVLOVESANA:20160627173138j:plain

 

当然ながら、他の東南アジアの国と必要マイル数が変わってきます。ゾーン3のレギュラーシーズンのビジネスクラス40,000マイル必要です。

f:id:NVLOVESANA:20160627180841j:plain

多分ですが、マニラがゾーン3に入ってるのは単純にマニラまでの距離が他の東南アジアの国より近いからだと思います。記事の題にお得!!と書きながら申し訳ないですが、当たり前の処置なのかもしれません。

東南アジアの雰囲気を少ないマイルで経験できるというポジティブな結論にしておきます。笑

 

マニラ行きのビジネスクラスはガラガラ

前もって友人達と現地で過ごす日にちを決め、いざ航空券を予約します。日程がまだ先なのもあるかもしれませんが、マニラ行きのビジネスクラスは大概空いてます。

f:id:NVLOVESANA:20160627191901j:plain

ANAでは関空からの直行便は無く、関西在住の私は伊丹空港から一旦羽田に飛んで乗り継ぎしてからマニラ行きという経路になります。他の航空会社を駆使したら関空発の便もありますが、なんせANA大好きですし関空より伊丹空港の方が近いので楽です。

国際線特典航空券は24時間以内の乗り換えなら日本国内で往路・復路各2回ずつ可能です。地方の方は便利ですし、海外へ出発する前に沖縄に寄ることもできます。

(往路)伊丹ー沖縄ー羽田ーマニラ

(復路)マニラー羽田ー札幌ー伊丹

つまり、今回の例だとこのような旅程も可能です。

 

燃油サーチャージゼロ円の恩恵を受けて、諸税の4,260円だけで発券しました。

f:id:NVLOVESANA:20160627192443j:plain

同じ時期の通常料金を調べるてみると163,000円です。1マイルあたり約4円の計算です。1マイルの相場は2円なのでやはりマイルは国際線の特典航空券に使うのが一番価値を発揮しますね。