読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルを大量に貯めて毎年ビジネスクラスでハワイに行く方法

年間30万以上のANAマイルの貯め方を公開しています!!

ENEOSでんきでANAマイルが毎月貯まる!!

f:id:NVLOVESANA:20160528012540j:plain

電力の自由化が2016年4月1日からスタートし、これまでは各地域の電力会社からしか買うことしかできなかった電気が、好きな会社から買うことができるようになりました。これにより各種サービスとのセット割やポイント付与によるが増え、消費者が選べるサービスも多様化しました。マイル付与もそのうちの一つです。

 

そもそも電力自由化とは!?

2016年4月に、法律の改正により家庭などに向けた電力小売りが全面自由化されました。これまで家庭や商店向けの電気は、各地域の電力会社(東京電力関西電力等)だけが販売しており、家庭や商店では、電気をどの会社から買うか選ぶことはできませんでした。この法律の改正により、従来の地域ごとの電力会社だけでなく、さまざまな会社が電力を消費者に直接販売できるようになりました。 

携帯電話事業者、ポイントサービス会社との提携も進めており、既存の電力会社を継続することでもお得になるような料金、サービスを次々に発表しています。

 

ENEOSでんきでANAマイルが貯まる

2016年4月1日より電力の自由化に伴い、ANAENEOSでんきの提携がスタートしました。これにより、ENEOSでんきの支払い方法にANAカードを指定すると電気料金に対し、200円で1マイル貯まるようになりました。もちろんカードのポイントも付与されるのでマイル還元率は1.5%と高くなります。(対象エリアが決まっております。後述参照)

 

例えば、毎月1万円の電気料金を払っているとすると、カードのポイントも合わせて合計150マイル貯まり、年間で1,800マイル貯まります。

ちなみに、ENEOSではTポイントも貯まるのですが、残念ながらANAカードで支払った場合、Tポイントは付きません。つまり、マイルの3重取りは不可能となっています。

 

実際の電気代は安いのか!?

電気については全くの無知なんですが、良い機会なのでちょっと調べてみました。

まず、電気代がどうやって算出されるのを見てみましょう。

各家電に貼ってある表記ラベルや取扱説明書には年間消費電力量が記載されています。

例えば、テレビに記載されている年間消費電力量が200kwhの場合、次のように料金が算出されます。
年間消費電力量(200kwh)x 電力量単価=年間電気料金

東京電力の一般的なプランの場合であてはめると、

200kwh × 25.91円 = 5,182円となります。

この年間消費電力量200kwhのテレビを1年間使用した場合に、5,182円の電気代が発生するということです。

 

ENEOSでんきと東京電力の料金比較

料金体系は使用量に応じて課金される従量制です。わかりやすく両社の料金を表にしました。

電力量ENEOSでんき東京電力
最初の120kWh 20.76円 19.43円
120kWh~300kWh 23.26円 25.91円
300kWhを超える分 25.75.円 29.93.円

* 従量電灯Bプランの場合

ご覧の通り、120kWh以上の単価はENEOSでんきのほうが割安になります。

 

省エネルギーセンターが発表しているデータによると、4人家族での平均年間消費電力量はおよそ5,500kWhらしいです。月の使用量にすると、約460kWhになります。これ例に比較してみます。 

ENEOSでんき

20.76円×120(kWh)=2491.2円

23.26円×180(kWh)=4186.8円

25.73円×160(kWh)=4116.8円

合計:10,795円(四捨五入)

 

東京電力

19.43円×120(kWh)=2331.6円

25.91円×180(kWh)=4663.8円

29.93円×160(kWh)=4788.8円

合計:11,784円(四捨五入)

 

月額:989円 年間:11,868円 ENEOSでんきの方が安いです!!

実際の損益分岐点は計算したらおそよ180kWhです。

月間の使用量が180kWhを超える方は一度切り替えの検討をしてみてはいかがでしょうか!?

 

便利な電力比較サイトを見つけたのでご紹介します。お住まいの地域や家族構成をもとに電気代を割り出し、各ライフスタイルに合わせた最適の電力会社を調べてくれます。

 

ENEOSでんきでANAマイルを貯められるエリアは決まっている

しかし、残念ながらENEOSでんきのANAマイルが貯まる特典を利用するには対象のエリアが決まっております。ご自身の住まいが対象エリアなのか確認が必要となります。

f:id:NVLOVESANA:20160528234507p:plain

対象エリアに住まいがある方はENEOSでんきの特典を受けられますが、それ以外の方は対象外となっていますので、注意してください。

 

ポイントサイトから契約しましょう

契約の手続きが面倒くさいというかたもいると思いますが、新しく契約する電力会社へ申し込みをするだけで、今の電力会社へ連絡はせずに切り替えができます。また、Webでも簡単に申し込み手続きができるようになっております。

 

ENEOSでんきにご契約の場合は、お馴染みのハピタスから契約しましょう。今なら500pt獲得できます。

f:id:NVLOVESANA:20160528234912p:plain

 

まとめ

電気の自由化で好きな会社から電気を買えるようになりましたが、ANAマイルを貯めたいのであればENEOSでんきが毎月マイルを貯められるのでお得です。マイルの特典を受けられる地域は決まっていますが、もし対象エリアにお住まいでしたら日常生活で不可欠な電気を買うだけでマイルが貯められるので、一度検討してみてもいいかもしれません。

現在はマイルが貯まるのはENEOSでんきのみですが、顧客の囲い込みや各企業の競争が激しくなってくると、他の企業と提携したり全国区でも特典が適用できるようになるでしょう。

広告を非表示にする