読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルを大量に貯めて毎年ビジネスクラスでハワイに行く方法

年間30万以上のANAマイルの貯め方を公開しています!!

ANAマイル三重取り!?給油はENEOSで!

f:id:NVLOVESANA:20160524031521j:plain

日常生活の中で、マイルを貯められる場面は結構たくさんあります。ガソリンスタンドでの給油もその一つです。ANAマイルをENEOSで三重取りする方法があるので解説します。

 

ENEOSで給油して貯まるANAマイル・ポイント

マイラーの皆さんはご存知かと思いますが、ENEOSANAカードマイルプラス加盟店なのでANAカードでの決済でマイルが貯まります。

 

f:id:NVLOVESANA:20160524040903j:plain

ちなみに同じガソリンスタンドで出光でもマイルがたまりますが、200円で1マイルとENEOSに比べて還元率が悪いです。

もちろんですが、ANAカード決済のポイントも貯まります。また、ENEOSではTポイントが200円ごとに1ポイント貯まります。 

まとめるとENEOSの利用で貯まるマイル・ポイントはこの3種類です。

  • ANAカードのポイントが貯まる(還元率はカードによる)
  • ANAマイレージに直接マイルが100円ごとに1マイル(1%)
  • Tカード利用で200円ごとに1ポイント(0.25%)

 

当ブログでも度々、ご紹介しているANAカードの中で最強の還元率を誇るANA VISAワイドゴールド(最大で1.71%)で決済したとしたら、還元率のトータルは2.96%にもなります。

ANA VISAワイドゴールドの詳しい記事はこちらです。


ANAカードの利用ではTポイントは付かない?

ANAカードで三重取り!!と勢いよく言っておきながら申し訳ないのですが、この方法は本来ならば適用されないシステムになっております。

こちらはTポイント公式サイトの提携一覧のENEOSページです。

f:id:NVLOVESANA:20160524040530j:plain

”TカードとENEOSが発行するカードならびに以下の各クレジットカードの併用できません”とハッキリ記載されています。

 

この記載だとANAカードを利用しての

クレジットカードのポイント➕ ANAマイル ➕ Tポイント

の加算はできないことになります。

色々調べていると、システム上の問題であるらしく、ANAカードの国際ブランドがVISAまたはMASTERではエラーが出るけれどJCB、AMEX、ダイナースだとTポイントカードの読み込みを促す表示も出て、加算も出来るという仕様になっているそうです。

ANA VISAの場合、紐付けしたiDを使えばTポイント加算できるらしいです。

 

しかし、ANA VISAワイドゴールドでの三重取り可能報告もあり、真偽は謎です。

ENEOSで給油するだけでマイルの三重取りができるのであれば、試してみて損はないと思います。もし、Tポイントがつかなくても、最高で還元率2.71%もあります。

 

マイル三重取りの手順と注意点

以上の内容を十分にご理解して頂いた上で、お試しください。

この三重取りをする際は、セルフでの給油がオススメです。なぜなら、ENEOSのスタッフもANAカードとTポイントの併用ができないのは知っているからです。

こちらはセルフでの手順です。

◆手順

  1. カード決済を選ぶ
  2. ANAカードを入れる
  3. Tポイントカードを持っているか聞かれるので入れる
  4. ガソリン入れる

この時の注意点としては、三重取りを成立させるために必ず先にANAカードでの決済を認証してからTポイントカードを入れるということです。そうでないとTポイントしか加算されません。

 

まとめ

今回ご紹介したENEOSでのANAマイル三重取りは理論上ではありえないのですが、クレジットカードのブランドや店舗によっては十分に可能な方法ですのでいろんな所で試してみてください。 

日常生活でもマイルが貯まる場面はたくさんあります。

大量にもらえるものではありませんが、”塵も積もれば山となる”です!

利用できるシステムはどんどん利用してマイルをGETしましょう!!

広告を非表示にする