読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルを大量に貯めて毎年ビジネスクラスでハワイに行く方法

年間30万以上のANAマイルの貯め方を公開しています!!

マイ・ペイすリボの手数料を最低限に抑える方法

クレジットカード メソッド

f:id:NVLOVESANA:20160605105137j:plain

クレジットカード決済還元率最高峰を誇るANA VISAワイドゴールドマイル還元率を1.71%にするには、マイ・ペイすリボを設定する必要があります。リボ払いと聞くと、「金利が高くて借金地獄になるんじゃないの?」と不安になる方が多いじゃないでしょうか?しっかり仕組みを理解した上で、利用すれば全く危険ではありません。マイ・ペイすリボを安全に活用するための方法を解説します。

 

マイ・ペイすリボとは?

まず、説明に入る前になぜANA VISAゴールドカードがマイル還元率1.71%になるのかをこちらのページで確認しておいてください。マイル還元率を最大にするには3つの条件があり、そのうちの1つが今回解説する『マイ・ペイすリボの設定』です。


マイ・ペイすリボはあらかじめ設定しておいた毎月の支払金額を超えた分がリボ払いになるという仕組みです。所定の期間内に申し込めば、支払金額を増額したり、減額することができます。リボ払い手数料は実質年率15.0%。支払日は毎月末日締め切りで翌月26日支払いか、毎月15日締め切りで翌月10日支払いです。ANAカードの場合は毎月15日締め切りで翌月10日支払いです。このサービスを使い、手数料を最小限に抑えてマイル還元率1.71%を実現させます。

 

リボ払いの語源

リボ払いの語源はリボルビング(revolving)から来ています。revolvingとは日本語に訳すと、『回転式』とか『回転する』という意味になります。ビルやホテルで見る回転ドアは英語でrevloving doorです。嘘か誠か、reloving doorのように回り続け、手数料(借金)が増え続けるのがリボ払いと言われています。

f:id:NVLOVESANA:20160605113810j:plain

 

マイ・ペイすリボ設定のメリット

リボ払いは何も考えずに利用すると借金地獄ですが、賢く使うと怖くはないですし、メリットもあります。マイ・ペイすリボのメリットは下記の通りです。

  • 年会費が安くなる
  • ワールドプレゼントのボーナスポイントが2倍になる

マイ・ペイすリボを設定すれば、ANA VISAワイドゴールドであれば年会費は3,500円安くなります。WEB明細書のサービスの併用も可能で合わせて4,500円も割引されます。

ANA VISAワイドゴールドのマイル還元率を1.71%にするためには、2つ目の『ワールドプレゼントのボーナスポイントが2倍になる』を活用する必要があります。

 

手数料1円以上を発生させる方法

マイ・ペイすリボの毎月の支払金額をショッピング枠と一緒にすれば良いんじゃないかと思うかもしれませんが、ボーナスポイント2倍を適用させるには手数料を1円でもいいので発生させる必要があります。

具体例を出してシミュレーションしてみましょう。条件は次の通りです。

  • ANA VISAワイドゴールド使用で毎月15日締め切りで翌月10日支払い
  • リボ払い手数料は実質年率15.0%
  • 毎月支払い金額を10,000円に設定(ワイドゴールドの最低設定金額です)
  • 臨時増額は1,000円単位
  • 初回の支払い時には手数料は発生しない

毎月の支払い金額は、月に使用するだろうとおもわれる金額より少なめにしておいたら、臨時増額設定を忘れた時のリスクヘッジにはなります。

3番目の条件が厄介なのですが、これを理解さえすれば2回目からは簡単です。では早速説明します。

6月5日にカードが到着。

6月10日に3万円を利用。6月15日に月締め。

7月10日に毎月支払い額の10,000円を支払います。初回の支払いなので手数料は無し。

従って、7月10から7月15日(8月10日支払い分)締め日の分から手数料が発生することになります。

この5日間分で残高の2万円に手数料がかかってきます。

年利15%なので日割り計算すると15%÷365日×5日間≒0.205%で約0.2%です。

そうすると、2万円の5日分の手数料は2万円×0.2%で約40円です。

これで1円以上の手数料が発生しているのでボーナスポイント2倍付与されます。では、手数料を1円で済ますにはどうしたら良いのか??

1円÷0.2%=500円を最低残しておいたら良いということになります。先ほどの例で説明すると、3万円の確定請求が来てから臨時増額返済の申し込みを行います。増額返済は1000円単位なので19,000円に設定します。そうすると、残額1,000円分の手数料が5日分かかることになるので約2円で済みます。

マイ・ペイすリボを設定して2回目の支払いが済んだとしても、手数料が発生していなかったらずっとポイント付与は通常のままです。あくまでもボーナスポイントが2倍になるのは、手数料が発生した初回の支払いの次からです。

この2回目の支払いには充分注意して確認しておいてください。

 

3回目の支払いからは以降は通常どおり、月の日数分手数料がかかります。上記の例で言うと、7月16〜8月15日締めの9月10日支払い分からです。3回目以降にかかる手数料は、15%÷365日×30日=約1.23%です。従って3回目以降は残高を100円以上残しておいたら最小限の手数料1円で済むということになります。

先ほども説明した通り、臨時での返済額は1,000円単位なので、残高は多い時で1,099円になり、それに対する手数料は約11円です。しっかり、毎月管理すれば手数料は1円〜11円しかかかりません。

 

まとめ

手順の要点をまとめます。

  • 毎月支払い金額を月の利用金額より少なめに設定(ワイドールドは10,000円単位)
  • 初回の支払いは手数料無し
  • 2回目は約5日分の手数料約0.2%かかる(約500円以上残しておけば良い)
  • 3回目以降は約1%以上の手数料がかかる(約100円〜約1,099円残しておけば良い)
  • 請求額確定のお知らせが来てから、臨時増額の設定をする(1,000円単位)

以上の手順を頭に入れておけば、マイル還元率1.71%が可能になります。内容が複雑で分かりにくいですが、理解すれば手順は簡単です。たたし、毎月増額申請の作業が必要なので、くれぐれも忘れないでください。もし、分からないという方がいれば、毎月2,000円残しておいたら間違いないです。手数料の差はたかが数十円なので大したことはありません。

広告を非表示にする