読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルを大量に貯めて毎年ビジネスクラスでハワイに行く方法

年間30万以上のANAマイルの貯め方を公開しています!!

ソラチカカード ANAマイラー必須カード 徹底解剖

クレジットカード

f:id:NVLOVESANA:20160523000926j:plain

ANAマイラーに必須のカード。それはANA VISAゴールドカードでもエクストリームカードでもありません。大量マイルを獲得する上で、ただ一枚、絶対に持たなければならないカードがあります。それはソラチカカード

年会費2,000円、ゴールドカードでもない、豪華特典もない、還元率も他と変わらない、空港ラウンジも使えない。そんななんの変哲もないカードがなぜ必要不可欠なのか徹底的に解説します。

 

ソラチカカードの概要

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)は、ANA東京メトロJCBが提携したクレジットカードです。ANAカードとTo Me CARD、PASMOが一体となっています。この「ソラチカ」という名前の由来はANA(ソラ)と、東京メトロ(チカテツ)からきています。 

f:id:NVLOVESANA:20160525041718j:plain

 

◆年会費

初年度は無料ですが、翌年から2,000円+税です。

ETCカードは無料です。

年会費が有料のカードになりますが、それに見合ったメリットがあります。

毎年継続ボーナスとして、ANAマイルが1,000マイルもらえます。

1,000マイルを1マイル2円換算すると2,000円分になるので、ほぼこれだけで年会費の元を取ることができます。

ちなみに、カードにはPASMOが一体となりますが、通常かかるPASMOデポジット料金500円は、かかりません。

 

ANAカードとしての特典
  • ANA国内線・国際線・提携航空会社の利用でフライトマイルが貯まる
  • 入会、継続でボーナスマイル(1,000マイル)プレゼント
  • 海外旅行傷害保険・国内航空傷害保険(いずれも最高1000万円)
  • ショッピングガード保険(年間最高100万円)
  • ANAカードマイルプラス提携店での利用でマイルが貯まる
  • ANA国内線でチェックイン不要の「スキップサービス」の利用が可能

 

東京メトロ「To Me CARD」としての特典
  • 東京メトロの定期券区間外での乗車でメトロポイントが貯まる(平日:5ポイント、土休日:15ポイント)
  • PASMOオートチャージサービスの利用でOki Dokiポイントが貯まる
  • 定期券機能の搭載が可能(本カードでの定期券購入でOki Dokiポイント・メトロポイントがダブルで貯まる)
  • PASMO電子マネーによるショッピングでメトロポイントが貯まる
  • ANAマイルとメトロポイントが相互に交換可能10,000マイル ➡︎ 10,000メトロポイント/100メトロポイント ➡︎ 90マイル
  • Oki DokiポイントからANAマイル・メトロポイントへ交換可能1Oki Dokiポイント → 3~10マイル /1Oki Dokiポイント ➡︎ 5メトロポイント 

 

ANAマイルへの移行手数料

Oki Dokiポイントは還元率0.5%と低い上に、ANAマイルに移行した場合は移行手数料がかかります。

5マイルコース(1,000円=1ポイント=5マイル換算)なら手数料は無料ですが、10マイルコース(1,000円=1ポイント=10マイル換算)の場合は、移行手数料が5,000円+税かかってきます。

 

ANAマイラーにソラチカカードが必須な理由とは!?

今までの説明だと”そこらへんのカードと一緒”、”どこがすごいの?”と感じるかもしれません。しかし、このカードが無ければ年間30万マイル以上も貯める事は絶対に不可能です。
それはなぜか??下の画像をご覧下さい。
メトロポイントを、0.9倍という最高の移行レートでANAマイルに交換できるからです。

これが出来るのは世にあるクレジットカードの中でソラチカカードだけです。

 f:id:NVLOVESANA:20160525052722p:plain

 

◆これがなぜスゴイのか?どうスゴイのか?

以前、大量にマイルを獲得するにはポイントサイトの活用しかないとこちらの記事でお伝えしました。 

クレジットカード決済で年間30万マイル貯めるとなると3,000万円利用しないといけません。還元率が少々変わっても、大した事はないです。非現実的ですし、年間で3,000万円も利用できる収入があればマイルなんか気にしないです。

ポイントサイトで集めたポイントは通常のルートでANAマイルに交換すると、その価値が約50%〜60%ぐらいに目減りしてしまいます。

メトロポイントを使った、下の通称「ソラチカルート」を使うと、90%という高還元率でマイルに交換することができます。

f:id:NVLOVESANA:20160526002332j:plain

ポイントサイト ➡︎ PeX ➡︎ メトロポイント ➡︎ ANAマイル

決済でマイルを貯めるのではなく、ポイントサイトで集めたポイントをこのソラチカルートを使って交換するのが一番マイルの貯まる方法です。 

ちなみに、ANA VISAカードやエクストリームカードをお持ちの方なら、決済で貯まったボーナスポイントをGポイント→メトロ→ANAマイルというルートで交換します。

 

仮に、あなたが年間15万マイルを目標に貯めているとします。通常のルートで交換するとと15万マイルしか貯まりませんが、ソラチカルート使って交換すると約2倍の30万マイルになります。

その差15万マイル、これだけマイルがあれば何ができるでしょうか?

15万マイルあれば、ファーストクラスで北米行けますし、二人でハワイにビジネスクラスで行くこともできます。

それだけ、破壊力のあるクレジットカードなのです。

 

極論を言うとソラチカカード1枚で大丈夫

正直、決済で貯められるポイントはどうでもいいのです。クレジットカードを全然使わない人、決済額が少ない人、ポイントサイトだけでマイル貯めるんだという人はこのソラチカカードを1枚だけを持っていれば大丈夫です。

決済に使わなくてもいいし、東京のメトロに乗らなくてもいいんです。この考え方重要なので覚えておいてください。このソラチカカードはあくまでポイントを経由するだけに使用するだけです。

 

デメリット

ソラチカカード自体にはあまりメリットがないのですが、マイルを貯めるという観点から見ると唯一のデメリットがあります。

こちらの記事でも言いましたが、ポイント交換のルートを迂回する必要があるため、最終的にマイルにたどり着くまでに手間と時間がかかります。また、忘れてはいけないのがメトロポイントをANAマイルに移行できる上限は1ヶ月に20,000メトロポイントです。

20,000メトロポイントは18,000マイルなので1ヶ月で18,000マイルまでしか移行できません。ソラチカカードで生み出せるANAマイルは年間216,000マイルが上限となります。それ以上貯めたい!!という方は交換レートが悪くなりますが、Tポイントルートを活用しましょう。

 

まとめ

繰り返しになりまますが、最重要事項なのでもう一度言います。このソラチカカードが無ければあなたのマイラー生活は始まりません。(大量に貯めたくない方は大丈夫です。)もし、マイルを集め始めようと思ってどのクレジットカードを作ればいいのか迷っているのでであれば、真っ先にソラチカカードを作りましょう。

エクストリームカードや他の高還元率のANAカードは二の次で構いません

もちろん既に他のクレジットカードをお持ちの方も一番に作ってください。

あいにく現在ポイントサイトでのキャンペーンは行っておらず、公式サイトからの申し込みしかなさそうです。ただ、ANAJCBのキャンペーンは随時行っているので、申し込みの際は忘れずにチェックしてくださいね。

 

P.S.

ソラチカカードが届いたら、JCB東京メトロのWEBサイトへのログインや初期設定なども忘れずに行いましょう。

広告を非表示にする