ANAマイルを大量に貯めて毎年ビジネスクラスでハワイに行く方法

年間30万以上のANAマイルの貯め方を公開しています!!

ソラチカカード ✖︎ エクストリームカードはANAマイルカード最強のタッグ

f:id:NVLOVESANA:20160524082856j:plain

最強のANAカードマイルカード、つまり最もANAマイルが貯まるカードは、このソラチカカードとエクストリームカードの組み合わせです。通常のANAカードが還元率が1%なのに対し、この組み合わせだと還元率1.35%を達成することができます。ただし、普通にそのままマイルに交換していては、ダメです。交換ルートが鍵になってきますので解説していきます。

 

最強の2枚のおさらい 

これから解説するルートを利用するにはソラチカカードエクストリームカードの2枚が必須です。もう一度、各カードの概要をこちらの記事でおさらいしておいてください。

 

還元率1.35%でANAマイルに交換する方法

エクストリームカードはGポイントが貯まり、ANAマイルに直接交換することはできますが、これだと30ポイント=10マイルになってしまいます。

還元率1.35%を生み出すにはポイントの交換ルートが鍵になってきます。

ソラチカカードエクストリームカードを併用し、以下手順を踏むことで還元率1.35%が可能になります。

f:id:NVLOVESANA:20160524092306j:plain

わかりやすいように具体的な数字を出して手順を説明します。

エクストリームポイントの最低交換数の2,000ポイントが実際どれだけのANAマイルになるのか見ていきましょう。

 

1.エクストリームポイントを2,000ポイント貯める

まずはエクストリームポイントを貯めます。

ここは特別な事はなく、通常通り1,000円ごとに10ポイントずつ貯めていきます。
20万の利用で、2,000ポイント貯めることができます。

 

2.エクストリームポイントをGポイントに交換

次に、エクストリームポイントを通常通りGポイントに交換します。
通常時の還元率が1.5%なので2,000エクストリームポイントを3,000Gポイントに交換できます。

 

3.Gポイントをメトロポイントに交換

この手順が一番の鍵になります。

Gポイントをメトロポイントに交換します。

3,000Gポイント=3,000メトロポイントで交換できます。

交換するためには、メトロ会員である必要があります。

ソラチカカードを持っている=メトロ会員なので、メトロ会員のID番号が割り振られていると思います。

 

4.メトロポイントをANAマイルに交換

そして最後に、メトロポイントをANAマイルに交換します。

これもソラチカカードを持っていれば、普通に交換できます。

交換レートは0.9倍なので、3,000メトロポイント=2,700マイルになります。

 

以上で完了です。

ソラチカカードを使って、うまくポイントを交換することで、1.35%ものマイル還元率が可能になります。

 

コストは年間2,000円のみ!?

エクストリームカードは、年間30万未満なら3,000円+税がかかってしまいます。ソラチカカードは、2,000円+税がかかります。エクストリームカードはメインカードとして使うと思うので、おそらく年間30万はクリアできると思います。

なので、実際にかかる年会費はソラチカカードの2,000円+税だけになります。
ソラチカカードは年会費無料にはなりませんが、毎年継続ボーナスとしてANAマイルを1,000ポイントもらえます。そのため、年会費はこれだけでもほぼ元が取れていると言えます。また、他のANAカードの年会費と比べると安い方です。

 

デメリット

デメリットは、ポイント交換のルートを迂回する必要があるため、最終的にマイルにたどり着くまでに手間と時間がかかります。

また、忘れてはいけないのがメトロポイントをANAマイルに移行できる上限は1ヶ月に20,000メトロポイントです。つまり、上限に達してしまっている場合はエクストリームカードでためたポイントをANAマイルに移行できなくなってしまうのです。ハピタス等のポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに移行する場合と競合してしまうのです。

 

まとめ

ソラチカカードエクストリームカード組み合わせは、実質年会費・手数料が無料の最強ANAマイルカードになります。しかし、決済額が30〜50万円以下と少なく、ポイントサイトでもそれほど利用していない場合に限ります。

ポイントサイトで毎月2万ポイント以上獲得している人や、クレジットカードの年間決済額が100万円を超えるような人の場合は、エクストリームカードよりも、ANA VISAワイドゴールドカードを決済用として保有した方がいいです。