ANAマイルを大量に貯めて毎年ビジネスクラスでハワイに行く方法

年間30万以上のANAマイルの貯め方を公開しています!!

Tポイントを使って効率良くANAマイルを貯める方法

f:id:NVLOVESANA:20160612113941j:plain

ANAマイルを大量に貯める方法は、ポイントサイトを活用しソラチカルート経由でマイレージに交換するのが王道です。しかし、ソラチカカードには唯一のデメリットがあります。それは、毎月のポイント交換数(毎月18,000マイル)に上限があることです。もっと多くのマイルを貯めたい!!そんな時に役立つのがTポイントを経由した交換ルートです。

 

ソラチカルート唯一の弱点を補う

こちらの記事でもお話しした通り、年間30万以上のマイルを貯めるとなるとポイントサイトの利用が欠かせません。なぜなら、クレジットカード決済のポイントや飛行機に乗ってそれだけのマイルを貯めるのは不可能だからです。

 

そして、ポイントサイトで貯めたポイントを高レート(0.9倍)でマイルに交換する際に、陸マイラー必須クレジットカード『ソラチカカード』が必要です。

しかし、ソラチカルートには毎月交換できるポイント数の上限が決まっています。ソラチカルートを利用して月に貯めれるマイルは18,000マイルまでと決まっているので、必然的に年間で貯まるマイルは216,000マイルです。

f:id:NVLOVESANA:20160530043058j:plain

それだけ貯まれば充分かもしれませんが、SFC修行の為にもっと貯めたい時や急にマイルが必要になった時にはソラチカルートだけでの対応は不可能です。そこで、Tポイントを経由するルートを使います。

 

Tポイント➡︎マイルの交換レートは0.5倍

上の図にも書いてますが、 Tポイントからマイルへの交換レートは0.5倍です。

f:id:NVLOVESANA:20160612131401p:plain

ソラチカルートの0.9倍と比較すると目減りしますが(ソラチカルートのレートが異常)、毎月無制限でマイルが貯められるようになります。Tポイントルートは下記の通りです。通常のソラチカルートでのメトロポイント経由をTポイント経由にするだけです。

ポイントサイト ➡︎ PeX ➡︎ Tポイント ➡︎ ANAマイル

例えば、陸マイラー御用達ポイントサイト『ハピタス』は、1ヶ月に3万ポイントまでしか交換できないので、沢山貯まってる方は活用してみてください。ハピタスでコンスタントに毎月3万ポイント以上貯めれる方は、ソラチカルート+Tポイントルートで月に23,000マイル貯まります。年間で276,000マイルにもなります。

 

ポイントサイトから直でTポイントへの交換もOK

最初は扱いやすいハピタスでポイントを稼ぎ始めると思います。そして、『どこ得?』を駆使しながらどこが一番ポイント還元数が多いか?などを考えるようになると、登録するポイントサイトが増えていきます。合計獲得ポイントがまだ少ない時は、PeXで一旦中継するのがベストです。

ただし、各ポイントサイトの扱いにも慣れてくると、毎月それなりにポイントが貯まるようになります。そうなった時に、必要以上のポイントをPeXに集中させるのはあまりオススメしません。いつポイントサイトの交換レートが改悪するかわかりませんし、ルート自体が無くなることもありえます。常にそのようなリスクを考えることも大事です。

*ハピタスの様に毎月のポイント交換数に上限が設定されているポイントサイトでは毎月上限いっぱいまで交換しましょう。

緊急時や中継先で手数料を取られる場合などは各ポイントサイトから直接Tポイントに交換するのもアリです。残念ながら、ハピタスでは直接Tポイントに交換できないので、マイラーであればPeXに交換するのがセオリーです。Tポイントに限ったことではないのですが、各ポイントサイトの主要な交換先だけでも把握しておいてもいいかもしれません。

 

まとめ

ソラチカルートで毎月得られる上限18,000マイルを超えるには、Tポイントを経由するルートを使うのがオススメです。ポイントが貯まるようになってくると、ポイントのやりくりも考えなければなりません。Tポイントルートもセカンドラインとして覚えておいてください。

広告を非表示にする