読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルを大量に貯めて毎年ビジネスクラスでハワイに行く方法

年間30万以上のANAマイルの貯め方を公開しています!!

マイルってなんなの?

f:id:NVLOVESANA:20160517054731j:plain

世界で初めてマイレージサービス提供をしたのはアメリカン航空で、1981年5月1日からサービスをはじめた「AAdvantage」(アドバンテージ・プログラム)である。

そもそもマイルとはなんなのか?何に使えるのか?

 

マイルの歴史

日本におけるマイレージサービスの本格的導入は、当時の航空大手3社(日本航日本、全日空、エアシステム)とも1997年である。

これに先立ち古くから国際路線を有していた日本航空は1983年に米国で「JALマイレージバンクUSA」を発足させ、1993年から北米地区で「JALスカイプラス」として、さらに1996年10月から日本地区において国際線へのマイル付与が開始されてきた。

 

現在、大手航空会社のマイレージサービスとして、日本航空JALマイレージバンク(JMB)、全日本空輸ANAマイレージクラブ (AMC) をそれぞれ提供しており、新規航空会社である北海道国際航空やスターフライヤーソラシドエアも独自のマイレージサービスを導入している。

 *Wikipediaより

 

マイレージプログラムの加入方法

インターネットからJALマイレージバンクANAマイレージクラブのサイトに移動して申込をするか、飛行機の搭乗時に用紙を貰って手続きをする方法などがあります。

航空会社発行のクレジットカードを申し込むのも一つです。

 

貯まったマイルで出来ること

1.無料で飛行機に乗れる

これが1番の醍醐味ではないでしょうか。

どの路線に、いつ乗るかも自由に決めれます。

特典航空券の席数は決まっており、非常に少ないので早めに予約して席は抑えておく必要性はあります。

また日本国内だけでなく、マイルを貯めれば海外にも無料で行けちゃいます。

 

2.座席のアップグレードが出来る

エコノミークラスの席を確保している方は更に上のビジネスクラスに、ビジネスクラスを抑えている方は最上級のファーストクラスに…といったように、すでに購入した航空券のクラスをアップデートすることも可能です。

 

3.電子マネーに交換

貯めた航空マイルを電子マネーに交換することも可能です。

JALであればSuicaWAONANAであれば楽天EdyやTポイントなどに交換が出来ます。ANAにはSKYコインというANA特有のコインがあります。そちらにも交換が可能です。

 

4.マイルを商品に交換

航空会社が予め用意しているアイテムリストの中の商品と交換することも可能です。

蟹やお肉などのグルメセット、スーツケースやワイングラスなどなど、多彩な商品と交換できます。

 

マイルは航空券に交換するのが基本:

マイルを貯めるからには狙うは1番目の航空券への交換がベスト。

(このマイルで交換することが出来る航空券のことを、「特典航空券」と呼びます)

それ以外の電子マネーへの交換やアイテムリストからの選択については、マイルをわざわざ貯めてまで交換するものではありません。逆にとにかく安く旅行に行きたい!飛行機代が無料だと嬉しい…という方にとっては、マイルは家計節約の救世主になりえる存在。高い高~い飛行機代を0円に出来るのはほんと魅力的ですよ。

 

 

マイラー

マイルを積極的に加算している人は、「マイラー」と呼ばれている。

この呼び方は、JALANAなど航空会社のサイト、書籍タイトルなどでも使われ、インターネット上でも普及している表現です。

 

陸マイラー

航空会社がクレジットカードホテル、レンタカー、通信販売など他業種と提携し、提携している店舗等を利用するとマイルが加算されるサービスをしています。これらのサービスを利用し、飛行機には搭乗せずにマイルを貯める人たちは、陸マイラーと呼ばれています。 

ただし、日本の大手航空会社が設けているマイレージサービスの上級会員制度はマイルとは別の搭乗実績に応じたポイントを付与し、このポイントに応じたサービスステイタスを与えており、搭乗実績のない陸マイラーはラウンジ利用や荷物の優先引き渡し等のサービスが与えられる上級会員にはなることはできません。

当ブログでは主にこの陸マイラーとしてどのようにして大量のマイルを獲得するかをテーマに綴っております。

宜しくお願い致します。

広告を非表示にする